センター長のご挨拶

 1899年に本医学科が設置されて以来、別々の建物で実施されていた解剖学・病理学・法医学の人体解剖を軸とした肉眼・組織形態学の教育及び研究を集約し統合的に遂行するため、翠川修教授(初代センター長)らのご尽力により、1981年に本センターが開設されました。
 京都大学医学部は1899年(明治32年)に創立され,解剖学,病理学,法医学の各教室はそれぞれ1899年,1900年,1902年に開講しました。各教室の人体解剖を一カ所の建物で集約して行い,さらに組織形態学に関わる研究支援と教育を統合的に遂行するため,初代センター長となった翠川修教授らの尽力により総合解剖センターが設立されました。
1982年より現在の建物での運営が開始されています。当センターは系統解剖の実習室,病理解剖室,法医解剖室,CT画像撮影室,標本作製室,標本保管庫,医学資料室を備え,学生講義室および組織学実習室が配置されています。
2003年からは京都大学全体の研究者を対象として組織標本・バーチャルスライド作製,免疫組織化学,電子顕微鏡写真撮影など,形態学に関する総合的な研究・教育支援を実施しています。
2007年からは当センター内に先天異常標本解析センターが移転し,現在は協力して
当センターの運営・大学院生の教育に当たっています。
本学における人体形態学の教育・研究の発展のため,これからも努力して参ります。

 京都大学大学院医学研究科附属総合解剖センター長 羽賀 博典