h2

当センターは肉眼・組織形態学の講義・実習、日常解剖業務及び研究を総合的に実施するために1981年に開設されました。 近代的な肉眼解剖・実習施設、標本保管庫、医学資料室、標本作製室を備え、西ウィングには講堂、組織学実習室、視聴覚学習室が配置された全国有数の形態学教育研究施設です。 2003年からは京都大学の医学研究科はじめ全学の大学院生や研究者を対象に免疫染色などの形態研究支援を実施しています。