沿革

医学部附属総合解剖センターは、明治に開学されて以来、別々の建物で実施されていた解剖学、病理学、法医学の人体解剖を軸とした形態学教育や日常解剖業務を、一つの近代的な建物で総合して実施することができるようにと建設された。現在では、メディアセンターサテライト演習室を兼ねた組織実習室、バイオハザード対応型の系統解剖実習室・病理解剖室・法医解剖室など、近代的で充実した設備を整えている。
100年の歴史の中で蓄積された数千に及ぶ肉眼標本は世界でも類のない規模のものである。また、研究者への支援として組織標本作製技術、電子顕微鏡技術を提供するとともに、学生教育用資料の作成を行うなど研究・教育の両面で学内外に広く貢献している。

略年表

昭和54年(1979) 初代センター長 翠川 修教授(病理学)就任
昭和55年(1980) 11月 着工
昭和56年(1981) 11月 竣工
設立当初、建物は地下1階、地上4階、床面積は延べ5,064.94㎡で、地階には系統解剖実習室(30体分)、実習体保存室(180体分)、死体処理室、臨床解剖実習室、廃液処理装置、1階には講
義室(214席)、事務室、霊安室、法医解剖室、法医肉眼標本室、法医資料保管室、2階には組織実習室(130席)、病理解剖室、病理症例討議室、病理臓器保管室、組織標本作成室、3階には視聴覚学習室(21ブース)、低温室、化学検査室、技官室、病理法医組織標本作成室、センター長室、分析機器室、教官室、病理資料室、4階には視聴覚学習室、標本展示室、医史学センターが配置されていた。
昭和57年(1982) 10月 活動開始
平成元年(1989) 4月 2代目センター長 福井有公教授(法医学)就任
平成5年(1993) 4月 3代目センター長 杉山武敏教授(病理学)就任
平成7年(1995) 1月 4代目センター長 日合 弘教授(病理学)就任
平成10年(1998) 4月 西ウィング4階がメディアセンターサテライト演習室となる
平成11年(1999) 8月 有菌廃水処理設備竣工
平成12年(2001) 1月 5代目センター長 井出千束教授(解剖学)就任
平成12年(2001) 3月 バイオハザード対応型病理解剖室改装完了
平成15年(2003) 1月 組織学的研究支援開始
平成16年(2004) 3月 バイオハザード対応型法医解剖室改装完了
平成17年(2005) 1月 6代目センター長 真鍋俊明教授(病理学)就任
平成19年(2007) 10月 バーチャルスライドによる実習開始
平成20年(2008) 4月 組織実習室がメディアセンターサテライト演習室を兼ねる
平成20年(2008) 4月 電子顕微鏡室がF 棟から解剖センター西ウィング3階に移設
平成21年(2009) 1月 7代目センター長 玉木敬二教授(法医学)就任
平成21年(2009) 3月 各解剖室にホルマリン規制対策装置を設置
平成21年(2009) 4月 京都大学医学部附属病院診療用電子顕微鏡検体の作製を開始
平成25年(2013) 1月 8代目センター長 萩原正敏教授(解剖学)就任
平成25年(2013) 10月 全館の耐震改修完了
平成29年(2017) 1月 9代目センター長 羽賀博典教授(病理学)就任

業務の概略

センターの業務には管理運営業務、教育・解剖支援業務、形態研究支援業務がある。

Ⅰ:管理運営業務

全ての業務がセンター長の管理下にあり、教員及び総括主任がこれを補佐している。

Ⅱ:教育・解剖支援業務

(1)解剖支援業務
  1. 系統解剖支援業務
    西ウィング地階に系統解剖実習室を備え、医学部や医学・医療関係各種学科・学校などの系統解剖実習を支援している。
  2. 病理解剖支援業務
    東ウィング2階に病理解剖実習室を備え、京都大学病院や他病院の病理解剖を支援している。
  3. 法医解剖支援業務
    東ウィング1階に法医解剖実習室を備え、京都府警の委嘱を受け、法医解剖を支援している。
(2)学生教育支援業務
  1. 標本作製支援業務
    形態学の教育に用いる各種の標本を作製している。
  2. 資料作成支援業務
    標本のデジタル画像・バーチャルスライドやテキストなどを作成している。